上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
原子力発電について、
息子さんあてにやさしく書いた
文章が、とても感じがいい。


飯野賢治さん、というクリエイターの方
失礼ながら、お亡くなりになったのを
きっかけに知った方なのだけれど。

「これからの話をしよう。」
http://blog.neoteny.com/eno/archives/2011_03_post_514.html

父親であり、国民であり、
今を生きる人であり、未来を託す人であり、

無責任に今だけを大事にするような
人をやさしく説いてる気がする。
その上で、一緒に考えようって言ってくれてる

難しい判断だからこそ
いまみーんなで真剣に考えるべきなのかも

こういうの、中学生で
ディベートとかやったら楽しそう。


未来を生きたいね。
スポンサーサイト
2013.02.23 / Top↑
人間は考える葦だと言ったのは誰だったか。

人間を人間たらしめるのは思考活動だというのか。

たしかに、考えることでここまで進化してきた。
だが、考えることで退化もしてきたこともまた事実であろう。

対価として、退化か。
…ギャグか。


考えなければ、止まることもまたなかった。
思考活動しかり、行動しかり、である。
考えずに突っ走ることの、なんと清々しいことか。あっぱれ。


さて理性と本能とは逆転の現象なのだろうか?
わたしは、そのふたつは別物であるゆえに区別されがちなだけで、
両方とも生きていくのに必要不可欠な要素であると思う。
理性と本能があれば生物であろう。

そこに社会ができて言語ができて文化ができて、それを発展したという。
しかし人間は考えすぎる。

なぜ生きるのかをひたすら何百年も考える。
生き物は生きることが目的であり、使命なのだからそこに理由などないのに。
あるとすれば、生きるために生きる。死ぬまで生きる。使命感で生きる。

そうやって考えすぎた結果、なぜか死を選ぶ人が多い。
理性が本能を超えたのか、はたまた両方なくなったのか。
考えることを拒否して逃げ続ければ、生きる理由など考えなければ、生きていたのに。

そこに価値があるかないかと言われても…
生きていることがすなわち価値であるのだから、
生物としてはそれもひとつの生き方なのであろう。
ここでは人間としての生き方や尊厳など“考えて”いないのだが。


自分を見つめろと言った人はなんて残酷なんだ。
自分と向かい合って考えろとはなんて残酷なんだ。
自分一人だけでは思考は発展しない。
考えつづけて、考えつづけて、向かい合った自分が嫌いになるであろう。
考えることを否定しているわけではない。
でも、考えすぎた対価として、本能を失ってはいないか、と問いたくなる。

生きることを放棄していないか。
考えることで退化してないか。
現実逃避することを悪いことだと思っていないか。
考えることを手放すのは、決して悪いことではない、はず。


ほら、よくわかんなくなってきたでしょ。
考えるのやめたくなったでしょ。それでいいんだよ。
なんかいろいろ忘れてさ、
何も考えずに毎日を送っていた方が幸せな時だってあるんだよ。


たぶんね。


なーんて。深いのか深くないのか。
きっとさ、ほどほどに考えたり意識的に考えなかったり
そうやってゆるゆる生きてくのが一番心にもいいよね。



来世は花に生まれたいわー。

2012.10.11 / Top↑
知ってました?10月の第三日曜って、

孫の日

なんだって。そんな日あるんだ!
と思って調べたら、百貨店が設定した記念日みたい。…そんなの私たちが贈り物をもらえるときにはなかったよねぇ…残念(・・;)

そんな孫の日。
いったいなにあげるんでしょうねぇ?
…って広告みてたら【ランドセル】なんだね!

早いなー!と思った!


しかも今のランドセル…めちゃめちゃかわいいのね。カバーとサイドに刺繍があって、色もたくさんあって…。女の子でも水色とか背負う時代なのね。
私の同級生で、お医者さんの娘さんがいたんだけど、その子のランドセルはサーモンピンクで横広型、カバーはハーフだった…。すっごくかわいくて、今でも覚えてるなぁ♡♡


わたしの同級生には今現在、小学校の先生をがんばってる人たちも多いと思うんだけど、みんなこんな感じなの??(°_°)
お子さんがいる先輩方は、今からもうワクワクしちゃってる感じなの??(*_*)


一応わたしはギリギリ平成生まれだし、まだそこそこ若い世代よー、なんて思ってたけど…
孫の日といいランドセルといい…驚きました!
LOVEPI


参考資料として拝借して来たページを載せておきますね笑
http://item.rakuten.co.jp/kagusabu/c/0000000112
わたしが中学校の時からお世話になってる卓球のコーチの方のお店なのを、ここで白状しておきます(。-_-。)笑
2012.10.10 / Top↑
かみしめてかみしめて
ガムみたいに
味がなくなってきた

幼い頃はそれを一度出しては
もう一度口にいれてみた
ほのかな甘みをさがして。

もういいよ
もったいなくないよ
紙に包んで
くるくる丸めて

大切にとっておく?
そんなわけないじゃない
捨てちゃいましょう。

カバンの小さなポケットに
ガムのゴミを貯めておく癖も
もうやめましょう。


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

何も変わらないことに、少し満足している毎日。
わたしを取り巻く環境で、
前にも後ろにも進みたくないんだ。

あーあ、…。
同棲してたアパートから実家への引っ越し、
知人に進められた新しいアルバイト、
めんどくさいのもあるよ。でもね、それよりも…
それをすることで起こる変化の方が不安なんだ。
彼とのけじめをつけることも、そう。
心の距離、これ以上離さないで。そのままにしてよ。


ああ…本格的に引越して実家へはいることが
鮮明に見えてきた…よ。どうしよう。
ここが、帰る場所、なのか…??

わたしの心の居場所はどこにあったらいいの?
逃げ場はどこ?心休まるところはどこ?
早くも…助けて、って思ってる。


わたしが覚悟できてない。
トモダチだなんて、まだ思えない。
あなたは命の恩人よ。わたしを生かしてくれた人。
生きるきっかけをくれた人…?

これから生きていくのは、わたし、か…。





❉:;;:・:;;:*♡*:;;:・:;;:*♡*:;;:・・:;;:*♡*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*♡*:;;:・:;;:❉


たまにはこうやって吐き出して。
そして再び、生まれ変わるの。

リバース。
RE:birth.



2012.09.13 / Top↑

おひさしぶりです。
日没後の風がようやく涼しくなってまいりました。
秋、来ぬめり。


…飽き、来ぬめり。

わたし、飽きられました、ね。



人生をかけて好きになった人に、
別れを告げられてしまいました。
一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に死ぬと思ってました。
…うん、正確には、わたしが死んだちょっとあとに
彼が死ぬといってました。わたしをあとに残したら、
さみしい死に方になっちゃうだろうから、って。


幼い夢。でも必死に追いかけた夢。
もう冷めちゃった、夢。


わたしの夢、とだえちゃったな。
いままで苦しんだ分 俺が何倍も幸せにする。
そう言ってたのに。そんな子どもみたいな言葉を、
子どもみたいに信じてた。お互い無邪気すぎたんだ。

好きな人の望んでる事を、させてあげないわけが、ない。
願わくばとなりにわたしがいられますように、
なんて儚い願いだった。
いままでが奇跡みたいなもんだっんだね。
互いが互いをひきつけ合うって
すごくすごく、むずかしいことだったんだ。

本当は応援したいんだ。彼の成長を。
いっぱい一人で悩んで考えたね、お疲れ様。
別れ話させてごめんね、辛い役回りだったよね、
よくがんばったね。いままでありがとう。
これからもがんばってね、って優しくいって
頭を撫でてあげたい。
もういいよ、って言ってあげたい。


解放されたいよね、わたしの依存から。
わたしが彼の本来の姿や可能性をなくしてはいけない。
そんなの、わたしが許さない。
かがやいて。いきいきとして、キラキラした目で生きて。
そんなあなたが好きだよ。


もう言う事も、言われる事もない、すき。
きらいになんかなれないよ。
指輪もまだはずしてないの。


でもね、わたしも彼の知らないところで
進まなきゃならないよね。
だからね、みんなにいっぱい助けてもらって、
元気になるね。
あなたの知らない、わたしになってみせるね。

いい女になるんだ。
あなたにもったいないくらいの。
…知らないよ?


もう歩き出すの。彼のいない明日へ。
彼の知らない明日へ。

2012.09.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。